スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江古田LOVE


江古田の続きです。前回の634大学は南口でした。今回は北口の話です。
祖父母の家が北口にあったので、小さい頃から池袋から西武線に乗って江古田までよく来ていました。駅が・・ほんとに綺麗に変わってしまって・・壊れそうな狭い通路や階段がとっても懐かしいな。
江古田の北口はなんか面白い。武蔵野音大の楽器を持ったお嬢様たち。日本大学芸術学部の個性的なファッションの学生。江古田斎場があるので喪服姿のお年寄りたち。駅前商店街も変わらない。神社も豆腐屋さんも。学生が多いのでランチできるところもたくさんあります。行ったことないけどライブハウスとかも。芸術系の学生が多くて、それでいて喪服姿のお年寄りも多く、なんかMIXされていて面白い街。↓日芸も奥にずれてこんなに変わってしまった!

そんな江古田駅北口から歩いて7~8分の静かなところに祖父母の家がありました。祖父は私が24歳の時に、そして今年春に祖母が亡くなり、今は母や親戚のおじさんが交代で家の整理をしつつ、守っています。
私は頭の回転が良く元気なおばあちゃん、お煎餅が好きな優しいおじいちゃんが好きでした。
小さい頃遊びに行くたびに、私たち3兄弟を練馬区民なら誰でも御用達の豊島園に連れて行ってくれる伯父さんも好きでした。祖母が亡くなり、もう江古田に行くこともなくなってしまったと残念だったんですが、まだ家もあるのでお線香をあげに行きました。母から、誰もいないから換気をするようにとだけ言われ、鍵を渡されました。家に着くと、ドアが開いていたので・・・小さい声でこんにちは~と言うと、母の一番上のお兄さんが出てきてくれました。お互いビックリ^^沖縄にいる私がなんで突然来たの~!?と^^いやいや、伯父さんもなんでいるの?誰もいないと思っていたのでT伯父さんにお会いできてうれしかったです。そこに豊島園によく連れて行ってくれたT伯父さんから電話が来て、お話できました。きっとおばあちゃんがそうしてくれたんですね^^
江古田の家はもう古くて、雨漏りもするし、床もなんか沈んでいます。子供の頃、豊島園に行きたいと駄々をこねて立てこもったトイレも。家に行くとまずは手を洗ってうがいしてきなさいとおばあちゃんに大人になってからも散々言われた洗面所も変わらない。階段が古いから上がっちゃ危ないと言われ、子供の時以来上がってなかった2階に行ってみました。荷物しかなかったけど、そこに子供時代の私の記憶がありました。
おじいちゃんは趣味で尺八を吹いていました。何も言わないで突然吹きだすからおかしくて。。広いと思っていた部屋もベランダもホントは狭くて小さくて、机の上に80年代だけの写真があったり。。。。
私は古くなったもの、使わないものはどんどん捨ててしまう主義ですが、モノがない時代を過ごしたおばあちゃん、お母さん世代は「もったいない」となかなかモノを捨てられない。部屋にたくさん置かれてる本は色あせ、人形は箱に入ったまま、おばあちゃん、おじいちゃん、お母さんたちが大切にしてきたもの。それがいつかはなくなってしまうと思ったら、ちょっと切なくなった。。私も自分の思い出あるものは大切にしたいし、私の手からお届けしたベビーシューズたちも可能な限り大切にしていただけたらありがたいと思いました。
あ、上の写真、カップケーキは江古田商店街の外れにあった小さい可愛いお店で買いました。女子はなんで買ってしまうんでしょうネ^^

関連記事

Pagination

Utility

プロフィール

suzuyaa

Author:suzuyaa
靴や革小物をデザインしてつくる人です。6年間の沖縄暮らしを経て、2012年より埼玉、2016年からは東京でモノづくりをしています。2017年5月に出産予定のため、現在お休み中です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。